問題情報

単元ヘスの法則
年度2010年度
問題番号化学Ⅰ-第2問-問1
配点4
計算問題
難易度難しい

正解

④ 58

スポンサーリンク

解説

 まず,A~Cの反応熱が,何を表しているのかを確認します。

A 中和熱(水1molが生じる)

B 硫酸(1mol)の溶解熱+水酸化カリウム(2mol)の溶解熱+中和熱(水2molが生じる)
 *硫酸は2価の酸,水酸化カリウムは1価の塩基なので,水酸化カリウムは硫酸の2倍のモル数が必要になります。

C 硫酸(1mol)の溶解熱

 ポイントは2つあります。1つは,ヘスの法則により数学的に計算できること。もう1つは,中和熱が酸や塩基の種類に関係ないことです。つまり,塩酸を用いても硫酸を用いても,水1molが生じるときの発熱量は同じだと考えられるということです。

 ここで,Bの発熱量からA×2とCを引くと,残りの発熱量は水酸化カリウム(2mol)の溶解熱を表していることがわかります。
   323kJ - 56kJ×2 - 95kJ = 116kJ

 求めるのは水酸化カリウム1molの溶解熱なので,116kJ÷2=58kJです。

スポンサーリンク

問題ヘスの法則の問題
ワードファイルヘスの法則のワードファイル
物質の変化ページトップ