高校化学Net参考書センター試験演習「化学基礎」 2016年度 追・再試験 > 状態変化

問題情報

年度2016年度
試験追・再試験-化学基礎
問題第1問-問7
単元状態変化
配点4点
計算問題×
難易度普通

問題

必要があれば,原子量は次の値を使うこと。
H 1.0    C 12    N 14    O 16    Cl 35.5    Ar 40

 温度T0の固体の水(氷)を1気圧(1.013×105Pa)のもとで完全に気体になるまで加熱した。図2のグラフは,このときの加熱時間と温度との関係を示している。図2に関する記述として誤りを含むものを,下の①~⑥のうちから一つ選べ。

図2 加熱時間と温度との関係

 点Aでは,液体は存在しない。
 温度T1は,融点である。
 点Bでは,固体と液体が共存している。
 点Cでは,蒸発は起こらない。
 温度T2は,沸点である。
 点D~点Eの間では,液体の体積は次第に減少する。

スポンサーリンク

ワードファイル「状態変化」のワードファイル
第1問-問6 ページトップ 第2問-問1